​勇者ヨシヒコ佐藤二朗。大仏演技はアドリブじゃなくて「遊び」?

この記事は2分で読めます

こんにちはうさぎ♪です。

いよいよ始まった「勇者ヨシヒコと導かれし7人」

yosihiko

出典:テレビ東京

相変わらずの脱力感で高評価な山田孝之さん主演のドラマですね。

放送された第一話で佐藤二朗さん演じる大仏のセリフがあまりにも自由かつ面白く、なおかつグダグダだったため、多くの視聴者から「あれは台本なの?それともアドリブなの?」という疑問がわいてました。

これを受けた佐藤二朗さん、自身のツイッターで応えていました。
スポンサードリンク

佐藤二郎さん大仏のシーン、どんなシーンだったの?

rp_a0001_017623-300x200-300x200.jpg

実際に筆者も話題になったシーンを見ましたが、ホントいつまでダラダラと、長々とやってるんだ!と思わずつっ込みを入れたくなるほどグダグダでした。

それでもすごく面白いのは、佐藤二朗さんの実力なんだろうなあ。

このシーン、勇者ヨシヒコ達が、第1話何にもかかわらずラスボスを倒してしまい、物語を終えようとする勇者達の元に、「本当のボスは他にいる!」ということを伝える場面なのですが、もう、佐藤二朗さんの一人舞台でしたね。

ドラマに出ているムラサキ役の木南さんが明らかに笑いをこらえていたのが最高でした。

 

大仏演技は「アドリブじゃなく、遊び」?

佐藤二朗さん、大仏の演技が台本なのかアドリブなのかを聞かれ、こんな風に答えていました。

佐藤二朗さん、監督の福田雄一さんには気にいられているみたいで、他にも多くの福田作品に登場しています。

俳優の良さを生かし、時に脚本に縛られない現場はいつも笑いが絶えないそうです。勇者ヨシヒコの現場も、すごく楽しそうですもんね。

アドリブか、台本なのかは名言しませんでしたが、視聴者を「心地よく騙す」のが楽しいから、あえてここでは言わないということです。

 

きっと、ある程度の台本は用意されているんでしょうが、それをその場のノリだとか雰囲気でどんどん変えて言っちゃうんでしょうね。だからこそ、あのドラマ独特の「間」が生まれるんでしょうね・・。
スポンサードリンク


 

ちなみに佐藤二郎さんのツイート、書籍化されてました・・。

上のツイートを見てみてもわかるとおり、佐藤さんのツイート、かなり面白いものが多いです。

そして、なんとこの佐藤さんのツイートが書籍化されてました。

佐藤二朗なう (AMGブックス)

satojiro

 

まとめ

a1130_000080

というわけで、今回勇者ヨシヒコの佐藤二朗さんの演技が台本なのか、アドリブなのかについて調べてみました。

結局、自由にやった結果、監督がカットしなかっただけの話で、こういう遊びのあるドラマっていいですね。

まあ、深夜帯だからこそできるのかもしれませんが。

福田雄一監督は、人気漫画「銀魂」の実写監督も務めるそうなので、そちらもすごく楽しみですね。
スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。