【2017年冬】ドラマの製作費を調査!ダントツはやっぱりあのドラマ!

この記事は3分で読めます

a0006_002357

こんにちはうさぎ♪です。

ドラマを見ていると「これってどのくらいのお金がかかってるんだろう?」と気になることありません?筆者はいつも気になります。

というわけで、今回は2017年冬ドラマではそれぞれどのくらい製作費がかかっているのか、わかる範囲で調べてみたいと思います。ネットに出回っている情報を集めたもので、正式に発表されているものではないということは、ご了承くださいませ。

スポンサードリンク

2017年冬ドラマの製作費、ダントツはやっぱりあのドラマ。

00_PP38_PP_TP_V

さて、2017年冬ドラマで、おそらくダントツに製作費がかかっているであろうドラマはこちら

 

『A LIFE~愛しき人~』 推定 1話 1億円。

通常、民法の連続ドラマでは1話あたり、3000万円から5000万円、最近では視聴率が低迷しているため、2000万円から4000万円といわれています。

 

そして1話あたりの制作費は、なんと1億円を超えるのではと、23日発売の「女性セブン」(小学館)が報じたのだ。
「ドラマが視聴率を稼がなくなった昨今、通常1話あたりの制作費は2000~4000万円といったところ。そのため、1億円は破格にも程がある。この制作費には、高視聴率はもとより、木村とTBSの“伝説を残そう”という執念に近い意欲が表れているように感じます」
http://www.cyzowoman.com/2016/11/post_120548.html

 

ここまで製作費がかかる理由は、やはり出演者に対する「ギャラ」が大きいそう。主演の木村拓哉さんだけでなく、脇を固める俳優さんも主役を張れるような俳優さんばかりが名をつらねているので、どうしても高くついてしまうんでしょうね。

プラス、今回の『A LIFE』では、手術シーンなどにもこだわり、リアルに見せるためにスタジオに高額な医療機器をレンタルしてそろえたらしく、そこにもかなりお金がかかっているとか。

ちなみに同じく病院を舞台にした大ヒットドラマ『ドクターX』ですが、最新のシリーズでは、製作費5000万から6000万だそうです。これでもかなり破格なほうですが、大ヒットしているため、全然惜しくないのだとか。

現時点では平均視聴率14%前後で推移している『A LIFE』ですが、製作費などから考えると、決して芳しい数字とは言えない状況のようですね。

草なぎ剛さん主演『嘘の戦争』も破格の製作費が使われている?

CK0I9A9034_TP_V

次に製作費の高いドラマが『嘘の戦争』

草なぎ剛さんが主演をつとめるドラマですが、こんな記事がありました。

 

コケさせないようキャストを豪華にせざるを得ない。聞くところによると、『嘘の戦争』で1話6,000万円、『A LIFE』に至っては1億円といわれています。これでは、最低でも視聴率15%以上を取れなければ大赤字は必至。
http://news.livedoor.com/article/detail/12560293/

 

『嘘の戦争』では、『A LIFE』ほどではないにせよキャストも豪華ですし、海外ロケなども行われていたりするので、それのおかげで製作費が膨らんでしまうのでしょうか。

これに関しては情報が少ないので、6000万円という数字はちょっと高すぎるかもしれません。

スポンサードリンク

 

好調『東京タラレバ娘』が意外と低予算?

tarareba

 

今期、民放のドラマで視聴率ランキングで『ALIFE』に次ぐ2位を維持している『東京タラレバ娘』

実はこのドラマが意外と安い製作費で作られているらしい。

 

おそらく1000~3000万円ほどでつくられたと思われる『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)の第1話が13.8%という『A LIFE』とほぼ互角の視聴率をマークしましたが、もし逆転という事態になれば、それこそ歴史的一大事といえるでしょう」
http://biz-journal.jp/2017/01/post_17804.html

 

現在、平均視聴率が11.73%と『嘘の戦争』に追いつかれてしまいそうな雰囲気ではありますが、それでも『ALIFE』『嘘の戦争』に比べると低予算で、結果としては悪くない数字なのかもしれませんね。

 

プライム枠の1/3?深夜ドラマの製作費。

rp_a0055_000853-300x199.jpg

近年では、若者のテレビ離れの影響か、低迷する視聴率のおかげで、製作費もだんだんと削られているそうですが、深夜ドラマはどのくらいの製作費で作られているのでしょうか?

水曜深夜に放送されるTBSの「テッペン! 水ドラ!」枠。ゴールデン(G)、プライム(P)帯のドラマと最も違うのはなんといっても制作費。今作の前はヒット作「逃げるは恥だが役に立つ」を手掛けていた宮崎真佐子プロデューサーは「予算はプライム帯の3分の1ぐらいですかね…」とぶっちゃける。
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170226-OHT1T50005.html

30分の深夜ドラマは、1話大体500~800万円といわれているので、上の話とも合致しますね。

深夜ドラマのプロデューサーさんが話していましたが、深夜ドラマってあるいみ「実験場」的な意味合いもあるらしく、単純に視聴率だけで判断されるような現場でもないらしいです。

 

まとめ

2014_2_34

今回は、2017年冬ドラマの製作費についてわかる範囲で調べてみました。

やはり、人気の高い俳優さんが出演するとギャラの関係で製作費は跳ね上がるんですね。

あと、リアリティを追求したセットをレンタルしたりするだけで、かなりの金額がかかるんだなということもわかりました。

お金がかかるということは知っているつもりでしたが、さすがに「1話あたり3000万」とかいう話を聞くと、改めて「すごい世界だなあ」と思い知らされました。作り手の苦労を想像しながら、ドラマを見るように心がけたいと思いました。

面白いのもつまらないのも。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. dansui1
  2. 00_PP40_PP_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。