『A LIFE(アライフ』脚本家橋部敦子さんの評価。SMAP御用達?

この記事は3分で読めます

PASONAZ160306150I9A1901_TP_V

こんにちはうさぎ♪です。

2017年冬ドラマも話題作豊富ですね。

個人的に、独断と偏見で『2017年冬ドラマおすすめランキング』を作ってみましたので、参考にしていただけると嬉しいです。

2017冬ドラマおすすめランキング!意外なあの作品が上位に?

 

さて、今回は今期のドラマでの話題作の一つ『A LIFE(アライフ)~愛しき人~』の脚本家、橋部敦子さんについてまとめてみようと思います。




 

脚本家橋部敦子さんプロフィール

hasibe

出典:NAVERまとめ

1996年生まれ 愛知県名古屋市出身

 

愛知県名古屋市出身。名古屋市立桜台高等学校を経て学習院女子短期大学卒業後、証券会社に勤務。その後、小劇場のダンサーをする。舞台で書いたシナリオを痛烈に批判され、これをきっかけにシナリオセンターへ通い、1993年に第6回フジテレビヤングシナリオ大賞で『喜びの葡萄』が佳作に選ばれる。代表作は『僕の生きる道』、『僕と彼女と彼女の生きる道』、『僕の歩く道』のいわゆる『僕シリーズ3部作』。
出典:ウィキペディア

あまり詳しいことが書かれているものがないので、詳細はわかりませんが、結構紆余曲折を経て脚本家になられたみたいですね。
過去の作品には、『フラジャイル』新春ドラマスペシャル『坊ちゃん』『ゴーストライター』『フリーター、家を買う』『僕の生きる道』など。

 

話題作や名作といっていい作品に多数かかわっている脚本家さんですね。

脚本家橋部敦子さんの評価、評判は?

rp_a0055_000853-300x199.jpg

では、ドラマ『A LIFE(アライフ』を含めた、橋部敦子さんの評価、評判をまとめてみました。

 

「そりゃあ、脚本が橋部敦子なら面白いわなとか思ってしまう。」

「アライフ の脚本みたら橋部敦子さんだったのね!橋部敦子さんは#僕の生きる道 の脚本もやっていた方だから嬉しかった!」

「橋部敦子さんの丁寧な脚本が素晴らしい。」

「ALIFE、さすが 脚本家橋部敦子さん。僕道シリーズでも一つ一つ丁寧に 主人公や周りの人の生き方描く脚本。」

「橋部敦子さんの脚本やはり好きです。僕シリーズ など、素晴らしい作品多いし、#アライフ 良かった。」

「橋部敦子さんの脚本、好きだなぁ。今までの作品見返したら、ほぼ見てることにビックリ。」

「因みに脚本の橋部敦子さんはつよぽんの僕の生きる道、スタアの恋、中居くんのブラザーズ、病院系だと救命病棟24時とか書いてる方です」

「橋部敦子さんは医療物の脚本担当が多いなあ。そして、信頼できる脚本家って印象。

一通り見てみましたが、橋部敦子さんの脚本だから安心という意見がすごく多いです、今回のドラマを評価していない人も「橋部敦子さんの脚本なのになあ・・」と、もともとは信頼している様子。
評判がいいだけでなく、「好きです」と今までの作品からの思い入れを感じさせるような意見も多かったです。

本当に愛されている脚本家さんなんですね。




 

SMAPおよびジャニーズ御用達脚本家?信頼感から重宝される橋部敦子さん。

a0002_006917
橋部敦子さんが脚本を担当されているドラマを見てみると、ある共通点というか、共通項があります。それは「ジャニーズ出演ドラマが多い!」ということ。

おそらくジャニーズファンならば気づいていると思われますが、橋部敦子さんのかかわる作品に出演するのが、ジャニーズタレントさんが非常に多いです。
1998年のドラマ『ブラザーズ』では中居正広さん。

2003年のドラマ『スタアの恋』では草なぎ剛さん。

2003年のドラマ『僕の生きる道』では草なぎ剛さん。

『僕の生きる道』の続編、『僕と彼女と彼女の生きる道』『僕の歩く道』でも草なき剛さん。

2008年のドラマ『いのちのいろえんぴつ』では国分太一さん。

2010年のドラマ『フリーター、家を買う』では二宮和也さん。

2011年のドラマ『ブルドクター』では稲垣吾郎さん。

2013年、24時間テレビのスペシャルドラマ『今日の日はさようなら』では大野智さん。

2016年新春スペシャルドラマ『坊ちゃん』では二宮和也さん。

そして今回のドラマでは木村拓哉さん。
こうして並べてみると、本当のジャニーズタレントさんと縁が深いように思います。

実は、SMAPと橋部敦子さん、意外と深い関係にあるみたいでした。

『SMAPのがんばりましょう』でのドラマで橋部敦子さんが脚本担当?

a0002_001592
かつて放送されていたSMAPの番組である『SMAPのがんばりましょう』

この番組の中で、SMAP自身が演じるドラマがあったのですが、この時に脚本を書いていたのが橋部敦子さん。

橋部敦子さん自身のキャリアも本格的に始まったのが1996年の『ピュア』というドラマからなので、橋部敦子さんの初仕事みたいなものだったのではないでしょうか。
今回、いろいろあった上での木村拓哉さん主演のドラマなので、橋部敦子さんにとっても並々ならぬ思いが、この作品になるのではないでしょうか?

 

まとめ

2014_2_34

今回は、ドラマ『A LIFE(アライフ』の脚本家、橋部敦子さんについてまとめてみました。

橋部敦子さんとSMAP、案外関係が深かったんですね。

正直いろいろあるんでしょうけど、視聴者にとってそんなことどうでもいいので、いい作品をどんどん作り続けてほしいですね。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. OOK92_tatakausarari-man20131223_TP_V
  2. a0003_001879
  3. OOK9V9A6892_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。