『chef三つ星の給食』つまらないのは脚本家浜田秀哉のせいじゃない?

この記事は3分で読めます

こんにちはうさぎ♪です。

2016年秋ドラマも出揃いましたが、おもしろい作品が豊作な今期、どれを見るのか頭を悩ませている人も少なくないかも知れませんね。

そんな中、ちょっとだけ内容に「難」のあるドラマで評判の良くないドラマがあります。その名も『Chef~三ツ星の給食』

syefu

おもしろいという意見もありますが、ストーリーやドラマに出てくる人の感情や思考がめちゃくちゃな脚本で視聴者は困惑していると言われてます。

一体どうしたのでしょうか?

というわけで今回はドラマ『Chef~三ツ星の給食』の脚本家浜田秀哉さんについて調べてみたいと思います。

家政夫のミタゾノ脚本八津弘幸の過去作。評価される理由は対応力?

脚本家中谷まゆみ過去作の評価も地味にスゴイ?フジテレビと決別?

スポンサードリンク

 

ドラマ『Chef~三ツ星の給食』での評判がよくない・・。

不動の人気を誇る天海祐希さん主演で期待もされていたドラマでしたが、「脚本がめちゃくちゃで、ついていけない!」という意見がたくさんあり、視聴者が困惑しているみたいなんです。

「フジテレビのChef~三ツ星の給食~ってドラマ観てるんですけど、これあかんよ。脚本家の言いたい事は理解するけど、これあかんよ。

「TV批評記事は大体が的外れなのだがこの記事は珍しく的確!天海祐希主演じゃなければ大惨事な内容だった。

「『Chef~三ツ星の給食~』と『砂の塔』。脚本の稚拙さに驚く。素人が書いたみたいな出来。台詞もストーリー・テリングも下手すぎる。あれじゃ天海祐希と菅野美穂の無駄遣い。」

「キャストはいいのに、脚本と演出がここまで酷いとは

キャストの演技については評価されているのですが、なにぶん「脚本が悪い!」とかなりの酷評です。完全に叩かれてます。

いったいぜんたい、どうしてこんなことになったのでしょうか?脚本家の浜田さんのことを調べてみました。

脚本家浜田秀哉。過去作の評価は悪くない!

a0055_000251

これだけ酷評されるんだから、どんだけ今までひどい脚本を書いてきた人なんだろうと思ったら、結構いい評価をされている脚本家さんでした。

過去作『ナオミとカナコ』の評価

「chefは、脚本が『破裂』『ナオミとカナコ』という自分内ヒット作を連発した浜田さんで期待してる。主演天海さんだし。」

「脚本家さんとナオミとカナコの脚本家さんが一緒みたい」

「ナオミとカナコ終わっちゃった。本1冊を10回のドラマに上手くまとめたなぁ…脚本もキャストもかなり良かった」

 

フジテレビ、木曜日22時からの放送していたドラマ『ナオミとカナコ』の脚本も浜田さんが勤めていましたが、このドラマの脚本は評価が高かったです。

もともと原作のあった作品でしたが、前10回のドラマに上手く収められていることを評価されていました。

スポンサードリンク

過去作『破裂』の評価

「朝から録画してあるHNK土曜ドラマ「破裂」をずっと見てる。すっごい面白いんだけど!」

「えぬえいちけードラマで面白いと思ったの破裂以来じゃ。破裂も最高じゃった。」

 

NHKで放送されていたドラマ『破裂』

ツイッターでの評価もいいものが多いですが、ヤフーのドラマレビューでも、星5つが54%という異例の高い評価!

ここまで高い評価のドラマもめずらしいですよ。
こうやって見てみると、上の二つは原作のあるドラマなので、原作の力で面白かっただけかな?と思っていろいろと調べてみたところ・・・。

過去作『ラストホープ』の評価

浜田さん、ドラマ『ラストホープ』は完全オリジナル脚本で、第2回市川森一脚本賞を受賞しています。

今までの受賞者には大島里美さん、バカリズムさん、足立紳さんが受賞しているので、きちんとした賞です。

映画『プラチナデータ』での脚本は不評多し・・。

今まで、いい評価ばかりのものばかりでしたが、調べていくとあまり評価の良くないものもありました。

嵐の二宮和也さん主演の映画『プラチナデータ』の脚本に悪い評価が集中しているみたいです。

 

「東野圭吾は好きだし私の好みの内容だったけど、ん〜。。演出も脚本も私的にダメで残念。」

「明日(プラチナデータ)かぁ。演者はいいのに脚本もったいない映画だった。」

「個人的な感想ですと、プラチナデータは、役者の演技力は最高。脚本がクソ。」

「映画のプラチナデータの配役も悪かった。あれは鈴木保奈美が全部ぶち壊してる。あと脚本があかんわ。」

 

脚本酷評の原因はなんだろう?

a0001_017477
ここまで調べてみると、浜田さん、評価にかなりばらつきがある脚本家さんみたいですね。

なんとなくの印象なのですが、有名タレントさんが出ていたり、いろんな人の思惑が作品に影響してしまうような作品だと、思ったような実力を出せない脚本家さんなのではないかと思いました。

映画『プラチナデータ』では、主演が嵐の二宮さんでしたし、今回のドラマも主演の天海さん。作品の裏側のことはわかりませんが、いろいろと「制約」があって思うように書くことが出来ないのではないでしょうか?

今回のドラマ『Chef』も、普通に考えたら「おかしい」脚本なので、おそらくどこかで歯車がかみ合っていないのかも知れないなと感じました。

いろんな人の関わる作品って、難しいんですね・・。

まとめ

2014_2_34

今回はドラマシェフの脚本家浜田秀哉について書きましたが、脚本家は常にいろんな思惑に振り回されるのが常。どこかでバランスが狂ってこういう事態になってしまったのでしょうか?

第2話も見て見ましたが、やはり脚本はおかしなことになっていました。

憶測ではありますが、うまくいってないんじゃないでしょうか?

しかし、まだまだ物語は2話!ここから面白くなってくるかも知れないにので、期待して見続けようと思います。

自分もここまでディスった責任もありますし(笑)ちゃんと全部見ようと思いますよ!

IQ246の脚本家は誰?脚本演出が毎回変わるってホント?

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. watanabe1
  2. MBPR_9V9A8323_TP_V
  3. PAK85_notepc20150319202127_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。