『下剋上受験』脚本家両沢和幸の評価は?「お金がない」の安心感?

この記事は2分で読めます

MBPR_9V9A8323_TP_V

こんにちはうさぎ♪です。

いよいよはじまった2017年冬ドラマ。話題作がたくさんありすぎて何を見たらいいか迷っちゃいますね。

独断と偏見で『2017年冬ドラマおすすめランキング』を作ってみたので、ぜひ参考にしてみてください。

2017冬ドラマおすすめランキング!意外なあの作品が上位に?
今回は、今期のドラマの中でも話題作に一つ、主演阿部サダヲ、深田恭子の『下剋上受験』の脚本家、両沢和幸さんに迫ってみたいと思います。

どうやら、かなり評判のいい脚本家さんみたいですね。

『下剋上受験』脚本家両沢和幸さんプロフィール

01_culture_morosawa出典:サーブプロモーション

両沢和幸(もろさわ かずゆき)

演出家、プロデューサー、監督。

埼玉県浦和市出身。

明治大学商学部卒業。

生年月日:1960年11月24日

明治大学商学部卒業後,日活撮影所に入社。30本あまりの作品に助監督として経験後、フリ-ランスとなり 人気テレビドラマや全国公開映画の脚本・演出・プロデュ-スを手掛ける。
近年では、舞台の作演出も手掛け「両沢和幸アワ-」と銘打った公演も行う。
また、数年前より「もろさわ和幸」としてシンガ-ソングライタ-としての活動も始めるなど活躍の場を広げる。
出典:サーブプロモーション

1990年の「世にも奇妙な物語」の脚本に始まり、非常に多くのドラマ作品の脚本、演出、プロデュースなどを手掛けてきた両沢さん。

現在はシンガーソングライターとしても活動されているそうで、かなり多才な方なんですね。
代表作としては、織田裕二さん主演の名作ドラマ『お金がない』や、観月ありささん主演『ナースのお仕事』のプロデュース、『味いちもんめ』など、数々の名作ドラマを手掛けています。

脚本家、両沢和幸さんの評価・評判は?

rp_a0055_000853-300x199.jpg
さて、今回のドラマ『下剋上受験』の脚本を担当する両沢さんですが、評価はどうでしょうか?

 

「好きなテイストのドラマだなと思ったら、脚本は両沢和幸さんなのね。
「チャンス!」「お金がない!」「味いちもんめ」観てたなぁ。詳しい話は忘れちゃったけど」

「脚本‥両沢和幸さんなら面白いんじゃ。下克上受験‥阿部さん&深キョン。見てないけど。お金がない!は傑作だったね。」

「ドラマのTBSってのと両沢和幸さん脚本の安心感。」

「本の両沢和幸さんって『お金がない!』の人だよね。テイスト感じたw」

「脚本は両沢和幸さんか。初回なのにこの安定感。」

「脚本が両沢和幸氏なのか。一発逆転を狙う物語って同じ脚本家の『お金がない』を思い出すなぁ。」

 

 

やはりドラマ『お金がない』の印象が強いのか、みなさんコメントしてますね。

それにしても目立つのが「お金がない、の脚本家さんだから、安心!」というコメント。

筆者リアルタイムで見て、すごく面白かったのを覚えていますが、確かに安心できますね。
今回のドラマ『下剋上受験』もかなり評判いいですし、両沢さんの新たな代表作になるかもしれませんね。

 

まとめ

2014_2_34

今回はドラマ『下剋上受験』の脚本家、両沢和幸さんのプロフィールから、ドラマの評判についてまとめてみました。

ドラマの肝になる脚本、最近は粗の目立つ作品が増えてきているようにも感じますが、ベテランさんがやっていると思うと安心して見られてうれしいですね。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. PAK85_notepc20150319202127_TP_V
  2. GORIPAKU2069_TP_V
  3. OOK9V9A6892_TP_V
  4. watanabe1
  5. PASONAZ160306150I9A1901_TP_V
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。