IQ246織田裕二の演技が下手で水谷豊っぽい?前評判最悪で大コケ?

この記事は3分で読めます

こんにちはうさぎ♪です。

10月16日(日)からTBS日曜劇場にてドラマ『IQ246華麗なる事件簿』がはじまりますね。

246

出典:TBS

主演の織田裕二さん、ドラマ『株価暴落』以来2年ぶりのドラマ出演となりますが、今回はちょっと変わった役柄を演じるみたいで、その評判がちょっといまいちな様子で・・。

というわけで今回は、ドラマ『IQ246華麗なる事件簿』に出演する織田裕二さんの演技の評価などについていろいろ調べてみようと思います。

IQ246犯人【13=M】は誰?予想は中谷美紀か妹の新川優愛?

【IQ246】ディーンフジオカ執事役演技に絶賛!ハマりすぎて罪?

スポンサードリンク

ドラマ『IQ246華麗なる事件簿』のあらすじとキャスト。

簡単に『IQ246華麗なる事件簿』のあらすじを説明すると・・。

貴族の流れを汲む超お金持ちの法門寺家。

その当主は代々学問を探求してきたので、現89代当主法門寺紗羅駆(ほうもんじしゃらく)にはIQ246というものすごい頭脳が受け継がれていた。

そんなに頭がいいもんだから、暇で暇でしょうがない。

「どこかに私が特に値する謎はないものか」そんな風にすごしている主人公が、難事件を華麗に解決する!といったお話。

 

主役の法門寺紗羅駆役には織田裕二さん。

法門寺家の護衛を任せられた警視庁の刑事和藤奏子には土屋太凰さん。

法門寺家に代々使える執事にディーン。フジオカさん。

変わり者の法医学専門医 監察医、森本朋美役に中谷美紀さん

 

とかなり豪華なキャスト。

毎回かなり高い視聴率をキープしている「日曜劇場」ですから期待も高まりますが、このドラマ、前評判があんまり良くない様子で・・。

 

ディーンと逆ならよかったのに?厳しい意見も・・。

TBSとしては、織田裕二さんを主演に迎えるということで、相当力を入れている様子なのですが、ちょっと評判が良くないようすで・・。

 

「織田の設定に無理がありすぎなんです。彼が演じるのは貴族の末裔でIQ246という天才の役。その頭脳を活かして犯罪を暴き、事件を解決するという設定なんですが、織田が天才役なんてミスキャストもいいところ。すでに視聴者からは『まったく観る気がしない』『織田が天才を演じられるわけがない』という声が出ています」
出典:アサジョ

 

予告をみた視聴者のみなさんも、あんまり天才に見えない、という意見がちらほら。挙句の果てには・・。

「ディーン・フジオカのほうが頭良さそう。織田とディーンが逆ならよかったのに」という声も出ているほど・・。

織田さん、どうしても「踊る・・」のイメージが付きまとって、なかなか新しい役柄を受け入れてもらいづらいという状況なんでしょうか・・。

スポンサードリンク

 

織田裕二の演技、なんか、水谷豊っぽくない?

織田裕二さん、天才に見えない!という意見だけでなく、ドラマの予告を見た視聴者からはこんな意見が目立ちました。

 

「織田裕二はなんで相棒の水谷豊みたいな喋り方してるの」

「織田裕二の演技をチラッとみたけど、完全に相棒の水谷豊風キャラ丸パクリで笑った。」

「テレビで見た織田裕二がドラマの役になりきってたのがどーしても水谷豊としか思えなくて検索したら結構みんな思ってたみたい。」

「織田裕二が水谷豊みたいになっててなんか気持ち悪い」

 

検索してみたら、予想以上にドラマ「相棒」の水谷豊っぽい!という意見が多かったです。

筆者も実際に予告を見てみましたが、確かに水谷豊っぽい!というかそっくり!

「天才!」とか「インテリ」だと、どうしてもそういった演技になりがちなんでしょうか・・。

 

脚本家の評判も良くない?知識不足?

前評判が良くないのは役者に対してだけでなく、脚本家にも矛先が向いている様子・・。

このドラマの主人公、法門寺紗羅駆は89代目の当主という設定ですが、その「89代」というものに無理がある!という指摘。

日本最古の家系。出雲大社宮司の千家でも85代なのに、数字的にありえないということらしい。

そしてさらに、タイトルにもなっている、主人公のIQ「246」ですが、通常、いくら高くてもIQは160が限界で、それ以上になると「異常値」という判断になるらしい。

現在でもギネスではIQ228らしいので、こちらも明らかに異常な数字。

ドラマを作るサイドからすれば「そのくらい極端に頭がいい!家柄がいい!」ということを表現したかったのでしょうが、やりすぎてしまってるのかも知れませんね。

がんばり屋土屋太凰が人気を引っ張る?

そんな前評判の良くないこのドラマですが、脇を固める役者さんに人気のある俳優さんをそろえているせいか、それでも楽しみにしている人が多くいるようです。

中でも、TBSオールスター感謝祭の1コーナー『赤坂ミニマラソン』に出演した土屋太凰さん。

現役体育大学生の意地を見せ、最後にはふらふらになって倒れてしまって共演の織田さんに介抱されるといった場面もあり、一気に好感度を高めたこのドラマ。

ディーンフジオカさんも依然として人気がありますし、高い視聴率は期待されているみたいですね。

 

まとめ

a1130_000080

というわけで、ドラマ『IQ246』での織田さんの演技と前評判について調べてみました。

織田さんぐらいのクラスの役者さんになってしまうと、その「個性」から、どうしてもナナメから見られがちですよね。

確かに織田さんの演技、予告で見る限りはかなり「不自然」ですが、実際ドラマが始まってみたら、案外自然だったということもありうるので、とにかく、放送がはじまるまでわかりませんね。

それでは、今回はここまで。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

IQ246織田裕二がポワロ?古畑っぽい?演技が気持ち悪いと評判です。

IQ246の脚本家は誰?脚本演出が毎回変わるってホント?

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. powaro
  2. iq2467
  3. iq246
    • TETE
    • 2016年 10月19日

    IQ246 織田の演技が水谷ぽいとは思いません出した。
    なぜかというとこのドラマいろんな探偵小説、漫画のパロディが随所に出てくる。
    そして織田の演じる役名はホームズのもじり、では役柄はというとホームズかと思いきや
    名探偵ポワロなので、水谷というよりポワロじゃんって思いましたよ。

    • usagi
    • 2016年 10月26日

    ポワロ。見てみましたが、確かにポワロっぽかったですね。
    結構批判している人も多いですが、パロディとわかればもっと楽しめるかも知れませんね。

  1. この記事へのトラックバックはありません。