『緊急取調室』脚本家、井上由美子。「大ヒット」時々「大爆死」?!

この記事は4分で読めます

MBPR_9V9A8323_TP_V

こんにちはうさぎ♪です。

4月から始まるドラマも面白そうなものがたくさんで、どれを見ようか迷ってしまいます。個人的に注目なのは『CRISIS』と『光のお父さん』ですが(偏ってる)・・・。

さて今回は、ドラマ『緊急取調室』の脚本を務める井上由美子さんについて掘り下げてみようと思います。

すごく評判のいい、ベテランの脚本家さんですが、浮き沈みの激しい面もあるみたい?今回はそのあたりに突っ込んでみようと思います。

ドラマ『小さな巨人』脚本家丑尾健太郎。キムタクのおかげで抜擢?

スポンサードリンク

脚本家、井上由美子さんプロフィール

inoue

 

井上由美子 (いのうえゆみこ)

1961年生まれ、兵庫県神戸市出身。

立命館大学文学部を卒業後、テレビ東京に入社。シナリオ作家協会シナリオ講座研修科修了後、プロットライターとして下積み、そのあと、1991年『過ぎし日の殺人』にて脚本家デビュー。

もともと「テレビドラマを作る仕事がしたい!」という小さいときからの夢に近づくためにテレビ局を受けまくり、採用されたのがテレビ東京。晴れて採用されたはいいものの、なかなかそ希望通りドラマを作る部署には配属されず。

結局、小さいときからの夢をかなえるため、テレビ東京を退社し、そこからシナリオ学校に通います。卒業後も、なかなかチャンスに恵まれなかった井上さんですが、腐らずにプロットライターとしての仕事をこなしていると、プロットを書いたドラマのプロデューサーさんからお声がかかり、1991年『過ぎし日の殺人』にて脚本家としてデビューすることになります。

テレビ東京を退社後3年で脚本家デビュー。これって結構すごいことのようにも感じますが、「絶対に‎シナリオライターになる!」という確信だけは揺るがなかったそうです。

やはり信じてコツコツとやり続けるとチャンスがやってくるという良い例ですね。

そこからはどんどんと知名度も上がり、朝ドラ、大河ドラマ、話題作や大ヒットドラマなどを多く手掛け、現在では売れっ子脚本家の一人として、現在でもコンスタントに作品を作り続けています。

井上由美子さんの作品、代表作は?

rp_a0055_000853-300x199-300x199.jpg

井上さん、デビューしてから数多くの作品を手掛けていますが、「え?このドラマも井上さんなの?」と驚かされます。大ヒットドラマがたくさんあるんですね。

代表的なものを挙げると・・・

 

・連続テレビ小説 ひまわり(1996年、NHK)
・ギフト(1997年、フジテレビ)
・きらきらひかる(1998年、フジテレビ)
・大河ドラマ 北条時宗(2001年、NHK)
・GOOD LUCK!!(2003年、TBS)
・白い巨塔(2003年、フジテレビ)
・14才の母(2006年、日本テレビ)
・昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜(2014年、フジテレビ)
・遺産争族(2015年、テレビ朝日)
・お母さん、娘をやめていいですか?(2017年、NHK)

 

デビューしてから数々の大ヒットドラマを手掛けていて、現在に至ってもテレビドラマの脚本を第一線で書き続けているスゴイ人なんですね。

筆者も、深津絵里さん主演のドラマ『きらきらひかる』は楽しんでみていた記憶があります。あと、昼顔は社会現象、流行語になるくらいにヒットしましたし、こうして並べてみると、井上さんが日本のドラマ界に深い影響を与えてきたことがよくわかりますね。

スポンサードリンク

 

井上由美子さん脚本の評価・評判は?

a0055_000251

さて、これだけたくさんのヒットドラマを手掛けているとうことが、井上さんの脚本家としての実力を物語ってはいますが、視聴者の皆さんは井上さんの脚本をどのように評価しているのでしょうか?

 

「脚本は誰だよ?井上由美子か。きらきらひかるで彼女の名前を知ったが、流石だ。面白かった。」

「タブロイド 面白かったな井上由美子さんの脚本が好きで、佐藤浩市さんの編集長役が好きだった」

「幸福な家庭神話の崩壊した現代人への鎮魂歌のドラマだった。さすが井上由美子の脚本だ 」

「お母さん、娘をやめていいですか?最終回見終わった。良いドラマだったなーと思ったら脚本が安定の井上由美子先生。」

「お母さん娘をやめていいですか 。いやーいいドラマだった。さすが井上由美子さんの脚本。」

「もともと井上由美子の脚本だから外さないと思ってたけど終始斉藤由貴にやられた。」

「”14歳の母””昼顔”とか歪んだの上手、井上由美子脚本。」

「キントリの脚本井上由美子さんなんだねぇ!!きらきらひかるの人だ!たのしみー」

 

ドラマ通は脚本家も念頭に入れてドラマを見る人が多いのですが、井上さん、かなり評判がいいですね。過去作では「きらきらひかる」が多くの人の印象に残っているみたいです。

コメントを見てると、みなさん井上さんお脚本にすごく信頼を置いていることがわかりますね。

 

『人は見た目が100%』脚本家相沢友子。映画の評価はひどいけど・・・。

 

「大ヒット」時々「大爆死」?!いい評判ばかりじゃない井上脚本作品。

a0001_014049

さて、ここまで見てみると、毎回いい評価の脚本を書き続ける脚本家のように見えてしまいますが、あまり評判のよくない作品もあるみたいです。

 

「まっしろ見たけど、脚本は井上由美子さんか~少し古くさく感じたわ」

「まっしろの脚本家が井上由美子と知りびっくり」

「TBS系連続ドラマ「まっしろ」、堀北真希など豪華キャストと白い巨塔や昼顔の井上由美子の脚本で期待されていたドラマですが、初回から現在6話放送まで全て一桁台の視聴率となっています。」

「GOOD LUCK!!白い巨塔昼顔井上由美子とまっしろ井上由美子は別人」

「TBS『まっしろ』面白くない。井上由美子が脚本なのに。」

 

2015年、TBSにて、堀北真希さん主演で放送されたドラマ『まっしろ』

井上さん脚本、主演堀北真希さんで注目されていましたが、視聴率がかなり低迷し、一時は「打ち切りか?」と噂されてしまうほどに・・・。まあそれでも、視聴率は悪いが内容は評価している人もいるので、一概に脚本のせいとは言えませんが、制作側も「まさか」の結果だったでしょうね・・。

松嶋菜々子主演『営業部長 吉良奈津子』の視聴率も低迷。内容は悪くないけど・・。

CK0I9A9034_TP_V

2015年の「まっしろ」に続き、2016年、松嶋菜々子さん主演の『営業部長 吉良奈津子』でも視聴率が低迷してました。

「いかんせんビミョーにズレてるんだよなぁ…。吉良奈津子は井上由美子さん脚本だから期待してるんだけど、もう話数少折り返してるしね。」

「やっと吉良奈津子を1話観たけど、相変わらず脚本家の井上由美子さんは人物描写がうまくて、伊藤歩さんと松田龍平くんは演技が上手いなという感じ。」

「今どき、外資系の会社がこの程度の接待を受け、「枕営業」を要求するなど、井上由美子さんも何を考えているのか。アホか。」

「吉良奈津子なんであんなつまんないんだろ。なんかストーリーも古いし。脚本井上由美子なのに残念…」

「吉良奈津子、家庭パートが平穏じゃないと、菜々子が会社パートでアクセクするエピソードが立たないんだよね。井上由美子ともあろう名脚本家がどうしたんだろう。」

 

コメントから視聴者の皆さんの期待は感じられますが、期待が大きい分、がっかりしてしまった方が多いみたいですね。

ただ、内容を評価している人も数多く、このドラマの低迷は、脚本以外にあるのでは?という意見も多くありました。

視聴率だけでドラマの面白さや出来を評価できるものではないですし、脚本がよくても、そのあとの現場で変わっていってしまうというのはドラマでは当たり前の話なので、井上さんの責任とも言えませんね。

 

まとめ

2014_2_34

今回は4月から始まるドラマ『緊急取調室』の脚本家、井上由美子さんについて掘り下げてみました。時々人気のでないドラマもありますが、基本的にはいい作品が多く、ヒットメイカーと呼んで差し支えない脚本家さん。

今回調べてみて思ったのが、視聴者からは、「井上由美子さんなら間違いない!」という絶大な信頼を寄せられているということ。

今回のドラマ『緊急取調室』は、前作もヒットしていますし、面白いのは間違いなさそうですね。

放送が楽しみですね。

ドラマ『リバース』脚本家奥寺佐渡子。人気アニメの陰の実力者?

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. GORIPAKU2069_TP_V
  2. OOK9V9A6892_TP_V
  3. PASONAZ160306150I9A1901_TP_V
  4. GORIPAKU2073_TP_V2
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。