コック警部主題歌のHARUHIがあの人の娘って本当?経歴は?

この記事は2分で読めます

こんにちはうさぎ♪です。

水曜日の深夜0時10分っから放送中のドラマ『コック警部の晩餐会』

毎回、そんなに期待せずに見るとそれなりに面白いという、そんなドラマですが、主題歌がちょっと気になりますね。

特徴的な歌声の歌手さんですが、一体どんな人なんでしょうか?

というわけで今回はドラマ『コック警部の晩餐会』の主題歌、「BANQUET」を歌う「HARUHI」についてまとめてみたいと思います。

スポンサードリンク

HARIHIってどんなひと?プロフィールと経歴

HARUHI (ハルヒ)

生年月日:1999年2月25日 (17歳)

出生地:アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス

現在日本のインターナショナルスクールに通う高校生。

3歳の時に‎日本で生活をするようになり、そこからクラシックピアノ、ギター、ドラムなどをを習い、ミュージカルの舞台に立ったりなど、幅広く音楽の素養を吸収。

本格的に音楽をやっていこうと決めたのは13歳の時。すぐに作曲を始める。

2016年、映画「世界から猫が消えたなら」の主題歌『ひずみ』でデビュー。

 

小さい頃から音楽にあふれた環境で育ったこともあって、彼女にとって音楽は特別なものではなかったみたいです。

とくに驚いたのが、5,6歳の時に、ビョークの曲を「これいいな」と気に入ってくりかえし聞いていたらしいです。

普通の環境では5歳児がビョークを聞くことはないよなあ・・。さすがだなあ・・。

 

そんな環境なので、もちろんピアノもギターもドラムも習っていたらしいですが、途中でイヤになって一旦やめているらしいです。

ミュージカルを経験後、やっぱり音楽をやりたいと思ってから、またピアノを練習し始めたということです。

『ひずみ』でデビューしてから、今度はカンヌで受賞した映画『淵に立つ』の主題歌、そして『コック警部の晩餐会』の主題歌を担当。

「音楽をやろう!」と思ってわずか4年でメジャーですから、メチャクチャ早いですね。

スポンサードリンク

父親が、あの小林武史?

なんとHARUHIさん、有名な音楽プロデューサーである小林武史さんの娘なんだそうです。

小林武史といえば、サザンオールスターズ、大貫妙子、渡辺美里、小泉今日子、Mr.Childrenなどなど、数多くのアーティストのプロデュースを行い、ことごとくヒットさせてきた伝説的なプロデューサーです。

母親は‏こちらも小林武氏プロデュース、、My Little LoverのAKKOさん。

姉の越野アンナもミュージシャンですし、筋金入りの音楽一家なんですね。

 

映画『世界から猫が消えたなら』の主題歌、実は15歳のときの歌?

なんと、映画『世界から猫が消えたなら』の主題歌『ひずみ』ですが、なんと最初に主題歌の話が来たのが2年前の15歳のとき。

しかもその15歳の時に初めて「日本語で」歌を歌ったというから驚きます。

そして、その「初めて日本語で歌った歌」を、映画の監督が気に入ってそのまま採用したらしいです。

まだまだ経験は浅いものの、その独特の歌声は、多くの人に評価されているみたいですね。

 

まとめ

デビューと同時にいきなり映画の主題歌2本とドラマの主題歌1本という非常に恵まれた(?)スタートとなったHARUHIさんですが、これまではほとんど父親である小林武史さんプロデュースによるもの。

シンガーソングライターとしても、表現者としても実力が試されるのはこれからなんでしょうね。
というわけで、今回はここまで。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. PAK85_notepc20150319202127_TP_V
  2. ieuru
  3. a0001_015808
  4. doctoex5gazou
  5. a0002_008530
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。