『砂の塔』ホラン千秋の演技力が意外と高評価!理由は舞台留学?

この記事は3分で読めます

こんにちはうさぎ♪です。

2016年10月14日(金)ドラマ『砂の塔~知りすぎた隣人』がスタートしますね。

sunatou1

主演に4年ぶりのドラマ出演、菅野美穂さんを迎え、高層タワーマンションを舞台にしたサスペンスドラマが繰り広げられます。

松嶋菜々子さんも出演の、注目のドラマですね。

このドラマに、バラエティなどでも人気のホラン千秋さんが出演されますが、この人、演技できるんでしたっけ?ちょっと気になりました。

というわけで今回は、ホラン千秋さんの演技力、その評価、そして、意外(失礼ですね)といい評価の演技力の理由を探ってみました。

スポンサードリンク

 

ホラン千秋さんプロフィール

生年月日:1988年9月28日(27歳)

出身:東京都多摩市

所属事務所:アミューズ

 

アイルランド人の父、日本人の母の間に生まれる。14歳でアミューズに所属し、芸能活動を開始。

初仕事は、2005年野戦隊シリーズ『魔法戦隊マジレンジャー』の敵キャラクター、『ナイ』役。

デビューは意外と早かったんですね。

高校は東京都立国際高等学校。この学校は語学に力を入れている学校で、入試でも高い英語力が問われるみたいです。

そして大学は青山学院大学文学部英米文学科卒業。

大学3年次にオレゴン州立大学に1年間の留学を経験しているみたいですね。

理知的な顔をしているホランさん、学歴もやっぱり高学歴でしたね。

帰国後、民放キー局のアナウンサー試験を受けるも、全部落ちる。

一旦近所のスーパーでレジ打ちのバイトをしつつ生活、そして、2011年ころからキャスターの仕事が入り始めたみたいです。
スポンサードリンク


 

意外と(失礼だってば!)いい!ホラン千秋さんの演技力の評価!

バラエティでは言いたいことを言う毒舌キャラ、対応力もあっていろんな番組に重宝されているホランさんですが、演技の評価もいいんです。

ホランさんの演技に関するツイートを見てみましょう。

 

「ホラン千秋、演技結構できてるっぽい。」

「でもホラン千秋さん演技上手いんだよ…」

「ホラン千秋の演技がうまい

「あと、ホラン千秋って、演技も旨いよね。」

「ドラマパートでホラン千秋が演技してたが意外や達者で器用貧乏タイプと見た。好感度が上がりました。」

「とりあえず、ホラン千秋さんが、良い演技していたね。」

「そうそう、ホラン千秋さん演技めっちゃ上手くてびびった!この衝撃は輪廻の優香さん以来だ!」

「昨日のCA刑事みてるけど、CAたちかわいすぎる。そしてホラン千秋が思いのほか演技うまくてびっくりした」

 

ちらほら「下手」とか言うコメントもありましたが、高評価が目立ちます。

 

何より評判がいいのが、2104年にフジテレビで放送されたスペシャルドラマ『キャビンアテンダント刑事〜ニューヨーク殺人事件〜』に出演したとき。

ニューヨークのワイナリーのオーナーという役どころだったホランさんでしたが、持ち前の流暢な英語の発音、そして、すごく自然な演技で話題になっていました。

演技が良いのには理由が?舞台留学で鍛えた演技力!

ホラン千秋さん、現在では「バラエティタレント」というイメージがありますが、もともとはSPEEDやモーニング娘。に憧れて歌手になりたかったみたいです。

しかし、事務所に入り、なぜだかお芝居をやることになり、レッスンを重ねるうちに演技の魅力に気づいたのだそうです。

日本の大学に在学中、3年次に留学したと書きましたが、実はホランさん、オレゴン州立大学に留学し、舞台を専攻していたんですね。

しかし、留学先でも思うように結果が出ず、お芝居に対して限界を感じたホランさん。当時のことを振り返ってこう語っています。

 

「お芝居じゃなくても、何かを“伝える”ことが好きなんだ」と気づいたんです。キャスターやタレント業にも興味が湧き、キー局のアナウンサー試験も受けました。制作や記者の採用にも応募したんですが、どれもダメで…。だから切り替えて、タレントの仕事にチャレンジしようと決めたんです。
出典:NEWSポストセブン

 

演技の勉強をしに留学したはずですが、結局挫折を味わって帰国したみたい。

ホランさんの演技力の評価がいいのは、きちんとした訓練を続けてきていたからなんでですね。

久々の連続ドラマ出演で、更なる女優としての飛躍?

そんな演技の評価を受けてか、最近ちょくちょくドラマのお仕事も増えてきているホランさん。そして今回は、注目の連続ドラマに出演するということで、演技に関して今までよりも注目されそうです。

ここでまた評価を上げれば、一度は挫折したはずの「お芝居」の道での活躍が出来るようになるかもですね。

 

まとめ

バラエティでずけずけと物を言う、さっぱりとした人という印象だけでしたけど、いろんな経験をなさっていたんですね。

というか、結構な苦労人だったんですね。

さて、『砂の塔』でのホラン千秋さんの演技はいかがでしょうか?放送が楽しみですね。
スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. a0002_004054
  2. a0055_000251
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。